展示

【終了】ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)登録5周年特別パネル展示 世界へ未来への継承

開催日: 2020年7月9日 - 2020年8月6日カテゴリー:

※このイベントは終了しました。

第2次世界大戦後にソビエト連邦によって、シベリアに抑留され、
戦後も森林伐採や鉄道敷設など過酷な重労働に従事した人々がいました。

彼らは支給された食糧が1日黒パン1枚の日もあり、栄養不足の中、冬季は零下30度を下回るシベリアの収容所での抑留生活を送りました。
そのような生活を思い起こした絵画、家族や故郷への思いを紙の代わりに白樺の皮に和歌でつづった「白樺日誌」やメモ帳などを紹介し、
抑留者を温かく迎え入れた舞鶴についても、パネルで紹介します。

日時
令和2年7月9日(木)~8月6日(木)※このイベントは終了しました。
10:00~16:00(土日は12:00~14:00まで閉室)
会場
京都府立京都学・歴彩館 京都学ラウンジ