イベント

【終了】観察のためのワークショップ『見ること』後編《受付終了》

開催日: 2021年11月14日 1:30 PM - 3:00 PMカテゴリー:

このイベントは終了しました。

 

【こちらのイベントは定員に達したため受付終了いたしました】

※緊急事態宣言の延長に伴い開催の延期が決定しました。

観察のためのワークショップ
『見ること』

「見る」という行為に着眼し、まなざしの多様性について考察する連続講座です。

前編「見ること」2021.10.17 sun
先入観や思い込みのない眼差しで物事を観察する方法と、その多様性を学びます。
先人の芸術家、講師作品等を教材に用いて、他者の観察眼を学ぶ〈講義〉と、
講師が用意した対象物を観察し、気づきや発見をグループで発表する〈グループワーク〉を
行います。

後編「見るの考察」2021.11.14 sun
前編受講者が対象となります。
前編受講後の観察眼の変化について記録物を持ち寄り、講師と共に考察します。
記録物の形態は特に問いません。日記等に書き記したもの、スマートフォンで撮影
した日常の一コマ等、何でも思いつくものをお持ち下さい。
※前編受講後に作品を制作された参加者は、可能な範囲でお持ち下さい。

日時
2021年10月17日(日)前編
2021年11月14日(日)後編
各回13時30分~15時00分
会場
京都府立京都学・歴彩館 1階小ホール
定員・対象
定員 各回50名
対象 高校生以上
講師
八木夕菜/YUNA YAGI
ビジュアル コンポジット アーティスト

2004年、ニューヨーク・パーソンズ美術大学建築学部卒業。
カナダ、ニューヨーク、ベルリンを経て、現在は京都を拠点に活動。
視覚と現象を用い、「見る」という行為の体験を通して物事の真理
を追求した作品制作やインスタレーションを国内外で発表。

主な受賞歴
「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」ポートフォリオ・レビュー
最優秀 ハッセルブラッド賞(2016)
パリ国際現代写真アートフェア「FOTOFEVER」招待作家 (2017)
Eberhaard Awardsノミネート(2019)
「写真の町 東川賞」 新人賞ノミネート(2019)
DESIGNART BIG EMOTIONS AWARDS受賞(2019) 等
主催
京都府立京都学・歴彩館 指定管理者「コングレ・日本管財・丸善雄松堂共同事業体」
申込締切
【こちらのイベントは定員に達したため受付終了いたしました】
申込方法
【こちらのイベントは定員に達したため受付終了いたしました】
チラシ

PDFで見る